FC2ブログ

どんちのひとり言

本名どぜう、通称どんち。 どんちとどんちをとりまくゆかいな仲間たちのお話です。

<< 2007-12- | ARCHIVE-SELECT | 2008-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

去年の今日

普段は自分が1年前の今日、何をしていたかなんて思いだすことはありません。でも特別な日は違います。去年のちょうど今日、あなたは天に昇ってしまいました。今でも信じられないけど、あれからもう1年も経ったというのも信じられません。時の経つのは何て早いのでしょう。あなたがいなくなったこの1年の間に、いろんなことがありました。ご主人は転勤で現在ニューヨークに住んでらっしゃいます。あなたが一緒だったらどんなに楽しい滞在になったことでしょう。セントラルパークを散歩したり、お芝居を見たり、おいしいものを食べたり。いろんな話が聞けたことでしょうね。

私はお店を開きました。毎日大好きなワンコに囲まれて、大好きなワンコにふれて仕事をしています。あなたにも見てほしかったな。それに、あなたがいたらいろんなことを相談していたに違いありません。そして貴重なアドバイスがもらえたことでしょうね。さみしいです。


どんちが甘えてる写真です。あなたに会っていたら、きっとこんなポーズをとったと思います。きっとあなたのこと、大好きになっていたでしょうね。

ごめんなさい。お店があるので、一周忌には参列できません。でも、あなたのこと、決して忘れてません。折にふれて思い出します。あなただったらこんな時なんて言うだろうとか、あなただったらどうするだろうって考えます。一緒に過ごした日々、一緒に笑ったり泣いたりしたこと、忘れません。いつかまた会えるのかなあ。私もいつか、あなたがいる場所に行けるのかしら。わからないけど、また会いたいな。またいろんなこと話したい。まだしばらく時間はかかるだろうけど、それまでのんびり待っててね。


スポンサーサイト

| かあさんのひとり言 | 11:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |