FC2ブログ

どんちのひとり言

本名どぜう、通称どんち。 どんちとどんちをとりまくゆかいな仲間たちのお話です。

<< 2012-11- | ARCHIVE-SELECT | 2013-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

里親募集中

仲良しのブロ友さん、一丁目の犬々のケンケンさんのところで、半月ほど前から4歳前後(推定)のシーズーと思われる犬が保護されています(場所は岡山市内です)。悪徳ブリーダーの犠牲になった子です。

狭いケージの中で種馬ならぬ種犬として飼われていたようで、エサもろくに与えられておらずガリガリで、毛も爪も伸び放題、糞尿にまみれて暮らしていました。

121121-6.jpg
ちょっとふっくらしたかな

保護してみれば犬にも人にもフレンドリーなとてもいい子だそうです。

体重も増え、体調も安定してきましたので里親さんを募集しています。

新しい家族に迎えたいという方がいらっしゃったら、当ブログ又は直接ケンケンさんのブログにコメントください。

もちろんご質問もどうぞ。

121120-2.jpg
最初はガリガリだったね

この子の置かれてきた環境を考えると胸が張り裂けそうです。

なくならない悪徳ブリーダーによる飼育放棄。

諸悪の根源はペットショップやホームセンターでの生体展示販売だと思っています。

生後間もないうちに親犬から離され、一番大切な社会化期を親や兄弟とではなく、狭いゲージの中で過ごす子犬たち。

12126-2.jpg
穏やかな子です

かわいい子犬たちを買う時、その親犬がどんな環境で過ごすどんな犬かは知らされません。

体力がつかないうちに展示販売され、病気になったり生き延びられない子もたくさんいます。

売れなければセールなどと言って安く売られて・・・それでも売れ残ったらその子たちはどこへ行くと思いますか?

121118-2m.jpg
保護当初の姿


もしもこれから子犬を飼おうとしている方がいたら、どうか良心的なブリーダーのところで直接親犬をその目で確かめてください。

ちゃんと母乳をしっかり飲ませて、7~8週齢までは親元で過ごさせてあげてください。

もしくは全国で家族を待っている犬たちに会える里親会などにぜひ足を運んでみてください。

そして一度飼うと決めたら大切な家族をを心から愛してくださいね。

121124-6.jpg

もうすぐクリスマス。どうかこの子にサンタさんが来ますように。





今日もランキングにご協力お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ←まずこちらをポチッと!  そしてこちらも→

ありがとうございました!
スポンサーサイト



| かあさんのひとり言 | 15:11 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |