どんちのひとり言

本名どぜう、通称どんち。 どんちとどんちをとりまくゆかいな仲間たちのお話です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あれから一年

東日本大震災から明日でもう1年。

あの時の恐怖、今でもはっきり覚えています。そして家に帰ってテレビを見たときの衝撃。

その後も原発、余震、買占め、節電など、ほんとにいろんな経験をしましたね。

命あることの喜び、そして私たちは常に死と隣り合わせにあるのだという現実。

その後私自身の病気のこともあり、この一年ほど命について考えたことはありませんでした。

どんな形であれ、生きることには尊い意味があるのだと感じています。

DSC_0853_convert_20120309164934.jpg

3月11日はある意味日本が生まれ変わった誕生日なのかもしれないね。

これからも精いっぱい生きよう。





 ブログランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ←今日もポチッとクリックで応援してね!携帯からもOKよん♪


お急ぎでなければこちらもぽちっと!→

スポンサーサイト

| かあさんのひとり言 | 11:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あれから1年。。なんですね。

大切な家族を亡くしたことのある私は、「絆」とか「がんばろう」などと言われている方々がどのような気持ちだろうか...と思います。空々しい思いで聞いておられるのではないかと。あなたが同じ立場になったら、そういわれたらどうする?と私なら内心突っ込んでしまうかもしれません。

でもだからといって、手をこまねいていては何も始まらないんですよね。私たちにできることって何だろうといつも思います。

でもとにかく、今日一日の平穏を喜ぶようにしようと思っています。「現在」は英語で「present」。今日の平穏は、「present]、つまり「贈り物」なのかもしれないですね。

| ぱねら | 2012/03/10 22:49 | URL |

ぱねらさんのコメントにもありますが、喪失感というものは
早々抜けきれるものではなくて
私も大切な家族を失いましたが、やはり人のぬくもりを実感できて徐々に日常に戻れた気がします。
その辛さから逃げるには自分も逝った方が楽だなあ・・・と本気に考えたりもしましたし。
その時は頑張れって言葉を使う人は周りにいなくて、助かった気がします。頑張りようがない。
ついうっかり日常に忙殺されますけど、きちんと記憶にとどめて毎日を大切にしないとなと・・・再認識してます。

| Windyママ | 2012/03/11 05:52 | URL |

コメントありがとう♪

e-343ぱねらさん
あの日大切な家族を失った方々の気持ちを思えば、どんな言葉もむなしく響いてしまいそうです。
死は誰にも平等に訪れますが、その訪れ方は不公平だなと感じます。
そう思うと、私は病気にこそなったけれど、戦うという選択ができるだけでも幸せだなと思っています。
present、大切にしたいですねv-398

e-343Windyママさん
頑張ろうと言われても、もう限界まで頑張ってる人にとってはつらいだけですね。
それよりそっと寄り添ってあげること、見守ってあげること、自分にできることをしてあげること、そのほうがずっと相手にとってもうれしいでしょうね。
普通に過ぎる一日がなんと嬉しく幸せなことか。
大切に感じながら過ごしたいですねv-398

| donchiママ | 2012/03/11 20:11 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://donchi.blog78.fc2.com/tb.php/1027-f6a76ede

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。