どんちのひとり言

本名どぜう、通称どんち。 どんちとどんちをとりまくゆかいな仲間たちのお話です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

いつか空の上で

おなじみのお客様がご来店くださいました。いつものようにワンちゃんの様子を伺ったとたん、お客様のお顔が悲しみでゆがんでしまいました。お店をやっていて何よりつらく悲しい瞬間。どれほど愛してかわいがってらっしゃったかよく知っているので、お話を伺いながら2人で泣いてしまいました。

itsk.jpg

いつもそばにいるのが当たり前だったのに触れることができない寂しさ。もっとしてあげられたことがあったのではないか、うちにきて幸せだったのか、悲しみとともに自問自答する日々。お気持ちが痛いほどわかり、かける言葉もありません。

itsk1.jpg

いつか必ず来るお別れ。その日のことを思うととても他人事ではいられません。どんな別れ方であろうと悲しいに違いなく、考えただけで胸が張りさけそうになります。確かなのは、出会えたことがこの上なく幸せだということ。悲しみはすぐに癒えないけれど、巡り合えた幸せを喜び、楽しかった日々を思い出して笑顔になれる日が来ることを心から祈っています。

itsk0.jpg

Mちゃん、いつか空の上で会える日まで見守ってあげてね。











 ブログランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ ←クリックおねがいします。

スポンサーサイト

| かあさんのひとり言 | 15:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

犬や猫を飼ってるといつかはおとずれる事だけど
寂しくて辛い事です。

人と比べるとホントに短い一生。だから今を大切にしたいですね。自己満足かもですが 私が幸せだから きっと犬達も家に来て幸せなはず・・って思ってます。
Mちゃんのご冥福をお祈りします。

| ケンケン | 2010/02/14 11:20 | URL |

お店をやってると、新たに可愛いペット達と出会える反面、きっと私達以上にそういうことに遭遇して、一緒に悲しむことが多いんでしょうね。
それでもお店に来て下さったMちゃんの飼い主さん、本当に愛していたから報告したかったんだと思います。
辛くないお別れなんて無いですよね。Mちゃんのご冥福をお祈りします。

| オラフママ | 2010/02/14 17:43 | URL |

お店をしていると 嬉しいお話がある反面、悲しいお話を聞く事も多いですよね。
私も記事を読みながら、もしチョコがいなくなったら その事を受け入れられるかな・・・、と心配になってしまします。
考えただけで もう「ダメ!!」な位 私にはなくてはならない存在なんです。
はじめは悲しい気持ちや思い出の話を聞いてくれても ずっととはいかないでしょう・・・。
思い出話し話を いつでも聞いてあげてください。
一緒に聞いてくれて、涙を流して共感してくれることが、何より嬉しいと思います。

Mちゃんのご冥福を お祈りします。

| マウンチョ!! | 2010/02/14 23:10 | URL |

人も動物も、生きている限り必ずいつか別れなければならない時がきます。
でも、理屈ではそうわかっていても、それで悲しみや辛さがなくなるわけではありませんものね。
Mちゃんの飼い主さんも、今はたくさんの思いを色々な形で抱えていらっしゃるでしょうけれど、ゆっくりでもMちゃんとの日々の思い出を、悲しみだけでなく振り返ることができる日がいつかおとずれることを願っています。
それが、きっとずっと一緒だった家族の、残されてしまうものに対する願いなのじゃないかと思うのです。
Mちゃんのご冥福をお祈りします。

| かよぽん | 2010/02/14 23:15 | URL | >> EDIT

コメントありがとうございます

e-343ケンケンさん
ありがとうございます。
本当にそうですね。
生き物と暮らすのは楽しいし安らぐけれど、いつか来るお別れが悲しく辛いです。
一日一日を当たり前と思わずに感謝しながら大切に過ごしたいですねv-398
私もケンケンさんと全く同じで、私が幸せなんだからきっとどんちも幸せなんだろうと思ってますv-392
言葉で気持ちが聞けないのだから、そんなことをくよくよ考えるよりも、自分が幸せだと感謝するほうがいいですよねv-398

v-352オラフママさん
ありがとうございます。
うちは動物病院が近いので、病気で余命が短いと宣告されてからご来店くださるワンコも多いんですよね。
最後にお宅のごはんをおいしそうに食べて亡くなったのよ、と挨拶に来てくださるお客さまもあります。
悲しいけれど、お話を伺うことで少しでもその方のつらさが和らぐといいなと思いますv-390
短い一生だからこそ今を精いっぱい楽しく過ごさせてあげたいですねv-398

e-343マウンチョ!!さん
ありがとうございます。
ほんと、なくてはならない存在というのは良くわかります。
私も全く同じで、考えただけでつらいですv-390
でもお客様のお話を伺うのは私にとってもつらい半面、たくさんのことを教えていただくことでもあります。
愛するワンコの思い出を共有する一人としていつでもお話していただきたいなと思ってますv-398
それに、これからもワンコのために頑張らなくちゃと改めて思いますv-398

e-343かよぽんさん
ありがとうございます。
お別れはつらいですね。
頭ではもちろんわかってるんですが、実際お別れの時が来たら私もボロボロになってしまいそうです。
長生きだったとか、大往生だったとしてもつらさや悲しさは少しも軽くはなりませんよねv-390
自分は乗り越えられるかなあと考えちゃったりします。
でもいつか来るお別れを考えてくよくよするよりも、今を大切にしないといけませんね。

| donchiママ | 2010/02/15 10:50 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://donchi.blog78.fc2.com/tb.php/668-746c9857

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。