どんちのひとり言

本名どぜう、通称どんち。 どんちとどんちをとりまくゆかいな仲間たちのお話です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょっぴり不安な再検査

5月に健康診断を受けたどんち。血液検査で肝臓の値の1つが高かったので、先日再検査に行ってきました。ちょっと長くなりますが、記録のためにも書いておきます。

結果は前回とほぼ同じ、ALP値が600超(前回700超、正常値は300以下)、その他のGOT、GPT値は正常値でした。

myres.jpg

これだけでは肝臓疾患とも言えず、詳細不明。単に体質なのかもしれません。ALP値は悪くなれば2000とか3000になるそうで、この程度なら様子見でいいと思う、と言われました。前回より悪くなってないし、どんちにも気になる症状はなく、快食快眠快便男だからです。

myres1.jpg

でもどんち命の私としてはやはり心配。体への負担のない超音波検査と、総胆汁酸値の検査をしてもらいました。一緒にエコー画像を見たけれど、肝臓、胆嚢ともに炎症もなくきれい。ついでに腎臓や腸も見てもらったけど悪いところはありませんでした。

myres0.jpg

一応安心したのもつかの間、総胆汁酸値が110(正常値10程度)と、食後だったとはいえかなり高い。先生曰く、この値が高い場合、先天的な血管異常のせいで栄養素などが肝臓にうまく運ばれず血中に残ってしまう病気の可能性もあるとのことでした。
門脈シャントのことだと思うんだけど、6歳になっても症状がでないなんてことあるのかな。

myres4.jpg

とにかくこの程度の数値では、先生にも確信を持って診断を下せないということ。
こうなると選択肢は3つ。

1.様子を見る(3ヶ月~6か月ごとに再検査する)
2.とりあえず薬を飲ませて様子を見る
3.さらに詳しい検査する

放っておいてもいい気もするけど、もし病気の初期だったらと思うと不安だし・・・でも病気かもわからずに薬を飲ませたくないし・・・でも検査はどんちにはストレスだろうし・・・。
あ~悩ましい。すべては飼い主の判断なんですよね。めちゃくちゃ悩んでしまいます。

myres10.jpg

結局、来週大学病院で再検査をしてもらうことにしました。もっと詳しい血液検査ができるし、大学病院の超音波検査の機械の精度は高いので何かわかるかもしれない。できればやりたくはないけど、もし何か問題があればCTもとれるし。

myres3.jpg

普通はこの程度で大学病院へ行く人はいないのかもしれません。心配し過ぎ、取り越し苦労かもしれません。でも問題なければそれでいいし、できることはやってあげたい。心配事は小さいうちに取り除いたほうがいいよね。

myres8.jpg

子犬のころ、体が弱くてしょっちゅう具合が悪かったどんち。それがお店を開くきっかけにもなったんだけど、とにかく病弱だったので、どんちの健康に関しては過信できないんです。日々の元気な姿を見ると忘れそうになっちゃうけど、そもそも基本は弱いはずなのよね。

myres6.jpg

大丈夫。私がついてるからさ。万が一病気だったとしても絶対治してあげるから心配いらないよ。かあさんを信じてまかせなさい。

でも・・・どうかいい結果が出ますように。









 ブログランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ←どんちの健康に!ポチッと応援クリックおねがいします!


お急ぎでなければこちらもぽちっと!→
スポンサーサイト

| どんちの健康 | 12:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こ、これは単なる偶然なのでしょうか?
うちのコタローも1歳からGPTだけが高くて、ずっと経過観察中です。
でも2歳のときにエコー検査して、胆のうの胆汁が出る出口のところにポリープがあることがわかり、原因はこれでしょうと落ち着いたのですが。
それでずーっと処方食(ウォルサムの肝臓サポート)を食べさせていて、半年おきに血液検査してます。
今のところ何の症状も出ていないし、数値も許容範囲内なのでポリープをとることは考えていません。
でもどんち君ははっきりした原因がまだ不明なんですよね…。
それってすごく不安ですよね。
うちもエコー検査する前は先生に
「このまま肝臓に負担をかけ続ければ長く生きられないかもしれない」
なんて言われて血の気が引きました…。
ちなみに人間のお医者さんに相談したこともあります。
そしたら「その子の個性なんじゃないの」と言われた…(苦笑)
飼い主さんに判断を委ねられるところが難しいですよね。

| ぱぴこた | 2010/08/28 13:21 | URL |

どんち君、どうしちゃったのでしょう・・・
肝臓腫瘍と闘っている我が家としてはとても人ごととは思えず、とても心配です。
実はさくらも1歳未満の時、肝臓数値に異常がありました。
なにか異物が胃にあって、その影響らしかったんですけど、そう思い出せば、さくらもそんなに丈夫な子ではなかったんだなぁ~って、今更ながら後悔しています。
何事も小事が万事です!!
問題がなければそれにこしたことはないので、ちゃんと調べてもらった方が絶対いいです!
さくらみたくなってからでは遅いですから。
どんち君がなんでもないことを信じていますからね☆
さくらも、まだまだ頑張りますよっ!

| satto | 2010/08/28 20:32 | URL |

う~ん、何か“コレ!”といった確定した診断が出ていたり、はっきり判断できるような要素があればいいのですけども、こういう微妙というかどちらともとれるような状態というかは、なかなかに不安なものですよね…。
とはいえ、やっぱり少しでも心配な要素があるのなら、ちゃんと調べておいた方がベターですもんね!
社長にはちょっぴり負担もかかってしまうかもしれないけれど、sattoさんの言うとおり、小事が万事。
人間だって、風邪は万病の元っていうくらいですから、やっぱり小さなことでもしっかりケアしておく方がいいですよね(^^)
検査結果が何事もなく安心できるものでありますように!お祈りしております(^^)

| かよぽん | 2010/08/29 00:53 | URL | >> EDIT

どんちちゃん、心配ですね。
もやっとしているのなら、私も出来る限りの範囲内で調べてもらう事には賛成です。
だって、後で「ああすればよかった・・・。」と後悔はしたくありませんからね。
そして、はっきりとした診断が 仮に下されなくても 分かった範囲内で 今度はママが出来る事をしてあげればいいのですから。
どんちママも 今は再検査を決めたのですから、あまり心配しすぎないで 笑顔でどんちちゃんに接してあげてくださいね。^^*

| マウンチョ!! | 2010/08/29 20:08 | URL |

コメントありがとうございます!

e-343ぱぴこたさん
コタロー君、肝臓が悪いとおっしゃってましたが、そういう経緯があったんですね。
でも、原因も分かって、しかも何の症状も出てなくて本当に良かったですねv-398
病気でも、それとうまく付き合っていければそれでいいと思うんです。
原因がわからないのは一番不安ですよねv-390
検査も処置も投薬も、すべて飼い主の判断というのがつらいところですね。
でも何が一番どんちにとっていいことなのかを考えてあげようと思っていますv-398

e-343sattoさん
小事が万事、本当にそうですね。
大学病院なんて大げさかな、とも思ったんですが、なんでもなければそれでいいことですもんねv-398
特に不安なことがあったわけではなかったのですが、たまたま受けた健康診断でこういう数値が出たということは、ちゃんと調べてごらん、と言われているような気もするんです。
とにかくちゃんと原因を突き止めたほうがいいですよね。
さくらちゃんのことも応援してますv-364
頑張ってくださいね!

e-343かよぽんさん
そうなんです、微妙な数値なのでどうも気になるんですよね・・・
どんちへの負担と、調べてはっきりさせることを天秤にかけたら、やっぱりどんちにはちょっぴり我慢してもらった方がいいかなと思いましたv-398
これで特に問題がなければそれでいいし、もしも何か病気であればおそらく初期段階だと思うので・・・
検査の結果が出るまでは不安ですが、あまり悲観的にならないようにしようと思ってますv-398

e-343マウンチョ!!さん
そうですよね、あとで後悔することになったらつらいですね。
何もなければそれでいいのだし、できる限りのことをしてあげようと思いますv-410
おっしゃる通り、少しでも何かがわかれば、私が出来ることも増えますよね。
どんちに不安を持たせないためにも、いつもどおりに接するように心がけます。
心配だけど、愛するどんちのためにここは踏ん張りどきですねv-392

| donchiママ | 2010/08/30 11:00 | URL | >> EDIT

少しでも心配な時は 大きな病院の機材が整ってる所で
診て貰ったほうが納得します。
私はMiuに何もしてあげれなかったから ほんとに後悔ばかりで
未だに Miuにごめんなぁって謝ってばかりです。
何もなければ それが一番いい事だし 早期だと治りも速いもんね。
どんち社長 検査も辛いだろうけど ママさんがついてるから大丈夫だよ。
PS
商品届きました^^ Miuにまでオヤツありがとうございます。
食いしん坊のMiuだから ウハウハ状態だと思います。

| ケンケン | 2010/08/30 22:00 | URL |

バロンはGPT値が高くGOT値とALP値は正常なんです。
暑い時期は高いのですが、寒い時期にはほとんど正常値内なんです。
今では薬も飲んでいません。セカンドオピニオンでは「あまり気にしなくてもいい」と言われましたし・・・
原因はやっぱり良く分からず・・です。
それよりも今は心臓疾患のほうが心配の種となりました。
来月は心臓チェックの月なので、進行具合によって服薬開始となるかもしれません。

どんち君、大事でなければいいのですけど。
ママさん、大変でしょうけど頑張って!!

| tubasa | 2010/08/30 22:41 | URL | >> EDIT

コメントありがとう!

e-343ケンケンさん
そうですよね、引っかかってることがあればちゃんと見てもらった方が安心しますよね。
どんちは病院に行くとほんとに悲しい目で訴えてくるので、なかなかこっちもつらいのですが、それでも必要な検査はしてあげたいなと思ってますv-398
今回は結局微妙な結果というか、まだ終わってない感じなんですけどね。

おやつ、ほんの少しでお恥ずかしいですv-402
Miuちゃん喜んでくれていれば嬉しいです^^

e-343tubasaさん
そうか、バロン君も以前数値が高いとおっしゃっていましたよね。
でもGPTもALTも数値が高いけど普通に生活しているワンコはたくさんいるようで、そういう体質だと思っていい場合も多いんですよねv-398
でもどんちの場合総胆汁酸濃度が高かったので、これには必ず原因があるため、ちょっと心配なんですv-393
バロン君、心臓も不安なことがあるんですね。
進行していないことを祈っています!
お互いかわいい息子のために頑張りましょうねv-392

| donchiママ | 2010/09/02 11:06 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://donchi.blog78.fc2.com/tb.php/764-f386f634

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。